• USA
  • JAPAN
  • CHINA
  • HONG KONG

Renewable Energy - Magnesium buttery -

なぜマグネシウムですか?
 

マグネシウムは、非常に軽く、地球上で8番目に多い金属であり、地球の7割を覆う海の中に1800 兆トン、海水中1t あたりには1.3kg含まれます。(※参考までに、リチウムの埋蔵量は陸上に約1400万トン・海水に約2300億トンと言われ、海水1トンあたり100~200mgしか含まれない=マグネシウムの1万分1) 


また、マグネシウム1㎏あたりの熱量は25kj=約7kWhで、石炭に匹敵するエネルギーを生成します。胃薬や豆腐を作る際のにがりとしても用いられるマグネシムは、人体との親和性も高く、石油やリチウムと異なりほぼ無尽蔵で、幅広い国々で産出可能な資源となりうる物質です。


マグネシウムをエネルギーとして活用した際に発生するのは、水と酸化マグネシウムであり、二酸化炭素は発生しません。しかも、この酸化マグネシウムは、再びマグネシウムにリサイクルすることが可能です。還元するにあたり、太陽光等を利用する研究が確立されつつあり、その際にも発生するのは酸素とマグネシウムです。


難燃マグネシウムを電池として活用する場合、コンビニ等で販売をすることが可能なため、水素やガソリンとことなりスタンドも不要で、送電網がないエリアでも電力を供給することが可能です。

 

安全で環境にやさしいマグネシウムが、資源の奪い合いに終止符を打ち、安心して暮らせる地球を次世代に伝えたいと考えます。

Magnesium
There are 1,000,000,000,000
tons of MG in seawater
Magnesium oxide can be recycled to magnesium again by heating to over 1200 degrees.
Circulation model of magnesium
マグネシウムは海水から精錬でき、
使用済みとなった酸化マグネシウムは、還元することで再び使用できます。
東日本大震災でも安全性やコストの課題が明らかになった原子力や、化石燃料に依存する火力等と比べ、マグネシウムは、安全で低コストなエネルギーになり得る資源であると考えられます。また、自動車等で注目されている水素も、スタンド建設等のインフラ課題や、爆発の危険性があります。

その他、アルミニウムやシリコン等を使った発電の研究も進められていますが、アルミニウムは電解液にKOHを混ぜる必要があり、副生物が有毒であったり、精錬や再利用に難があります。
Energy assets / comparison
 
  Sustainability Regeneration safety Stability Environmental Cost
Nuclear power
Thermal power
Wind power
Geothermal
magnesium
Hydrogen
Lithium
Magnesium

Contact Us

ページトップ